ページを印刷

近畿支部について

2018年 年頭所感

支部長 兼塚卓也

 昨年も7月の九州北部への集中豪雨による土砂災害など多くの災害が発生しました。いまや大規模な災害がいつどこで起こっても不思議ではない時代となりました。そういった中で、国では安全・安心な国づくりのための国土強靭化施策が進められ、公共事業の重要性が再認識されています。
 一方、少子高齢化など社会構造の変化などを受け、建設業界では担い手不足の解消が急務の課題となっています。その対策のひとつとして、ICTなど先端技術を活用した生産性向上を進めていくことが求められています。
 われわれ建設コンサルタントとしては、こういった時代の要請を受けた新たなニーズに対応できるよう日々技術力の向上に努める必要があり、その役割は今後ますます重要になると思われます。会員各社は、優秀な技術者が活躍できる魅力ある舞台づくりを行い、技術を競う中で、新しい国づくり・地域づくりに貢献していく所存です。
 皆様の、ご支援とご指導を宜しくお願い致します。

2018年1月
一般社団法人 建設コンサルタンツ協会近畿支部
支部長 兼塚卓也

このページの先頭へ